top of page

Aubade 2023AW展示会レポート

更新日:2023年4月28日

“Aubadeを身につけると、その女性はランクアップする”


そう言われるほど、卓越した技術と芸術品のようなデザインで

女性を魅了し続けるフランス発、Aubade(オーバドゥ)


今日は、2023AW新作を拝見するため、栄進物産株式会社様の展示会にお邪魔しました。 2023AWのコレクションでは、「パワフルで解放された女性のためのワードローブ」をテーマに、力強くも女性らしいデザインとカラーで表現されています。 これは、かつて1980年代に女性の地位向上に貢献した"パワードレッシング(力強いファッション)"にインスパイヤされており、パワードレッシングは、女性の能力、大胆さ、そして自己肯定を高める要因となりました。




今回の目玉は、セレブ御用達のオートクチュールブランドとしても有名な、ELIE SAAB(エリーサーブ)とのコラボレーションライン。


パール感のあるラメが施された刺繍とマットで個性的な生地が組み合わさったレースが使用されています。

ブラジャーやキャミソール、ボディスーツはどれもバストの中心を空けることによってより魅惑的なデザインとなっています。











カラーは、

Love affair (ロマンス)ピンクがかったベージュ

Secret date (秘密のデート)ブラック

の2色展開。


カラーの名前も魅惑的ですね♡










そしてなんと、今回メインヴィジュアルのモデルをされているのは日本人の方だそう!

アジア人モデルがランジェリーモデルとして起用されることは珍しいのですが、

同じ日本人が世界で活躍しているのは感慨深いですね。






また、AWの新作コレクションも見逃せません。



こちらは、ILLUSION FAUVE。 FAUVEは、フランス語で山猫という意味でレースの柄をよくみるとアニマル柄になっているんです!




セットのショーツは、様々なレースがミックスされてアニマル柄でも上品に決まります。


上品で、でも魅惑的な部分を併せ持つ山猫なんて、素敵すぎる♡





また、こんなバックコンシャスなデザインのブラジャーも。 インナーとしてはもちろん、背中魅せトップスと合わせても

個性的なおしゃれが楽しめます♡









そしてそして、男性向けのレースショーツも登場しています!

柔らかなレースで優しく包み込まれるようなデザイン。

パートナーとのリンクコーデやプレゼントにもいいですね。

先日訪問したパリ国際ランジェリー展でもランジェリーのジェンダーレス化が話題になっていました。

男女問わず、セクシーや美しいものを愉しむ。

そんな時代になってきているんですね。この辺りは、改めて詳しく綴ります♡


女性も男性も

魅惑的にランクアップさせてくれるAubade。

一度お手にとってみては?

日本では、各種百貨店の百貨店コーナー及び専門店でお求めいただけます。

閲覧数:32回1件のコメント

1 Comment


이재은
이재은
Dec 01, 2023

2007年韓国トライアンフランジェリーファッションショー


私は韓国人男性です。この写真は2007年に韓国で ドイツ ランジェリー トライアンフ 女性 セクシー ランジェリー ファッションショーの時に撮った写真です 三角パンツなんですけど、 Tシャツみたいにデザインがセクシーで デパートの売り場の女性社員やあのモデルたちに あの男なのに 女性 セクシー ランジェリー チュール レース シースルー ブラパンTシャツ ベビードール スリップ ガーターベルト ストッキング デザイン セクシーで 男が着用してもすごくセクシーです。と言うと ●女性たち、腹を抱えて笑って我慢できず あの顔、表情、目つき、反応 僕に対する態度が違います 日本で売ってるランジェリーたちの デザインがセクシーで 一度着用してみたいですね あなたたちが私の妻だったら レディース セクシー ランジェリー チュール レース シースルー ブラパンTシャツ ベビードールスリップガーターベルトストッキングを着用して セクシーなポーズを取ってバレて 反応が見たい 僕は今、家で一人で 女性ランジェリーだけを着てパソコンで ランジェリーモデルたちのファッションショーの動画を見ている


日本ランジェリーブランドエメフィル 韓国でも進出して売って 売り場に行って女性職員に 男なのにデザインセクシーで着用してみたいと言ったら そこにいた女性職員と女性客が 笑いが我慢できず、 おへそを掴んですごく笑ってたけど 顔、表情、目つき、反応。 僕に対する態度が違いますね

メールの返事を送ってください













Like
記事: Blog2 Post
bottom of page